包茎110番 正しい包茎の知識と治療について

包茎や包茎治療に関する正しい知識を身につけ、自身あふれる生活を送る為のサイトです!

2007年05月15日

包茎治療もセカンドオピニオン

包茎は病気ではありませんが、やはり病院によって方針が異なる場合があります。素人には、いったいどの方法が最善なのか分かりません。多くの場合、最初に行った病院でカウンセリングを行い、包茎手術・治療の方法を委ねるという事になります。

しかし、手術や治療の方法は一種類ではありませんから、もしかしたら、その病院の先生が消極的なだけであって、もっと最新の又は、自分にあった方法があるかもしれません。

このような事のないようにする方法として、アドバイスを受けるという目的を主とした第2の病院で相談するという手段があります。これをセカンドオピニオンと言います。

投稿者 miffu : 22:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年05月14日

包茎手術 「アイルメンズクリニック」での方法

包茎手術には、当日すぐに行えるケースと、予約を取っていただき、都合の良い日に行うケースがあります。当日治療のを行う場合は、熟練の専門医がその方のご状態に合わせてベストなバランスになるよう、その場ですぐに 余分な包皮をデザインし、アイルメンズクリニックの無痛麻酔薬開始となります。術中の痛みはありません。
亀頭直下法を行う場合は、熟練の専門医がデザインした余分な包皮を取り除き、細心の注意を払いながら時間をかけ丁寧に縫合して参ります。この方法により永続性で 自然に剥けたように綺麗に仕上がります。

根元でくせ付けする方法をご選択頂いた場合は、余分な包皮を根元によせて糸で数箇所固定します。

圧迫固定の場合は、術後のむくみを最大限防ぐために、専用の包帯を使用し圧迫固定します。

帰宅後のアフターケア方法を充分説明し、そのままお帰り頂く事ができます。

投稿者 miffu : 20:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年05月13日

包茎治療 「アイルメンズクリニック」の流れ

包茎手術は、アイルメンズクリニックでは次のような流れで行います。

まずは、カウンセリングです。男性カウンセラーがあなたの悩み、希望をお聞きし、相談させていただきます。その後、専門医が状態を見た上で、希望を聞きながら、治療の方法や効果等、具体的に説明をします。説明に際しては、アイルメンズクリニックで治療した方(モニター)の症例の写真を見る事ができます。これにより、かなり具体的に、包茎手術後の状態をイメージする事ができるのではないかと思います。

カウンセリング・専門医によう説明をお聞きいただいた結果、手術を希望するということであれば、希望の日時を優先し、手術する日を決めるという形になります。もちろんカウンセリングは無料ですので安心です。

投稿者 miffu : 23:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年05月12日

包茎無痛手術 「アイルメンズクリニック」

包茎治療は痛くないのはあたりまえ。アイル式無痛麻酔で安心包茎治療→
ぐっすり眠っている間に終わってしまうアイルメンズクリニック。麻酔は体に負担のかからない完全熟睡法であるため、局所麻酔の痛みすら感じません。これは全身麻酔ではないのです。

この方法を使用しているクリニックはまだほとんど無いそうです。麻酔の痛みさえないというのは、とてもありがたいですね。手術の時間も30分から40分と短く、溶けて吸収されてしまう糸を使えば抜糸の必要もありません。

また、自分で消毒を行うことができるよう、消毒薬のセットを持ち帰るので、手術終了した、通院しなくても良い事になります。これもうれしい点です。

投稿者 miffu : 23:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年05月11日

包茎など下半身の悩みを解決 「アイルメンズクリニック」

包茎等、男性の悩み専門病院。手術には治療には溶けて吸収される糸を使用し、抜糸をしなくても良いので、術後の通院は必要無いと言うことです。ただし、最上の仕上がりを望むということであれば、極細ナイロン糸による治療もおこなってくれます。ナイロン糸を使用する場合、約3 週間後に抜糸が必要となります。

手術の後、麻酔がきれ始めると治療部に違和感を覚えるのですが、鎮痛剤を処方しますので痛みはほとんど感じません。朝立ちのときも特に気にはなりません。治療翌日からシャワーは可能なのですが、湯船に入ることはできません。手術後1週間で入浴もできるようになります。汗をかき易く、ムレ易い部分なので、雑菌による感染が起こらないよう、1日1回の消毒を約1週間、自分で行います。尚、性行為は治療後3〜4週間後から可能となります。

投稿者 miffu : 23:40 | コメント (0) | トラックバック (0)