包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の基礎知識 >  包茎とはA包茎と病気の関係

包茎とはA包茎と病気の関係

痛いとか痒いとか、なんらかの自覚症状がでるという事はないのです。包茎自体は病気と言うわけではないからです。しかし、包茎では亀頭部が不潔になったり、包皮内に恥垢がたまりやすくなります。そうなると炎症を起こすこともあります。ごくまれに、腎臓まで炎症を起こすことがあります。これは包茎が病気ということではなく、包茎が病気を引き起こす可能性を秘めていると言う事になります。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/264

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の基礎知識 >  包茎とはA包茎と病気の関係