包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の治療 >  包茎手術の種類  亀頭直下埋没法の特徴

包茎手術の種類  亀頭直下埋没法の特徴

包茎手術にはいくつかの種類がありますが、現在多くの病院・クリニックで、「亀頭直下埋没法」をおこなっています。この亀頭直下埋没法という包茎手術は、治療後の陰茎先端部の包皮と根元の包皮の色の違いを無くす、いわゆるツートンカラーにならない手術の方法であり、見た目にも綺麗に仕上げる事ができます。
 通常時でも治療直後から治療(包茎手術)を受けたことが分からないほど、ほとんど傷も残らない方法なのです。治療の時間も、病院や医師によってことなりますが、早い場合では約20分程度で終わってしまします。、痛みや出血もほとんどないというケースがほとんどとなっています。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/308

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の治療 >  包茎手術の種類  亀頭直下埋没法の特徴