包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  仮性包茎とは? その弊害

仮性包茎とは? その弊害

仮性包茎は、現在、日本人男性の約6割を占めていると言われています。実に半数以上です。

通常時は亀頭に包皮がかぶっているが、勃起時や包皮を手によって亀頭が簡単にでてくるものを仮性包茎と言います。痛みが無く、普段より清潔にしていれば何らかの病気になるというような心配はほとんどありません。

 しかしながら問題は包皮と亀頭の間に恥垢がたまり、これが原因でいろいろな病気を引き起こすことがあることは事実です。また、仮性包茎は性病ににかかりやすいともいわれています。性病の中でも、特に仮性包茎の方がかかりやすいのはコンジロームと言われています。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/310

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  仮性包茎とは? その弊害