包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  真性包茎の弊害

真性包茎の弊害

真性包茎とは、自分で亀頭部を露出しようとしてもできない状態のことをいいます。無理に亀頭を露出させようすれば、痛みを感じてしまったり、出血してしまう事もあるのです。真性の状態となってしまう原因としては、包皮と亀頭の癒着や包皮の出口が狭いなどが挙げられます。

 真性包茎の場合は、恥垢がたまりやすい・不潔になりやすいなどの弊害が発生します。不潔なままにしておけば、命にかかわるというような事はもちろんありませんが、亀頭包皮炎をはじめとする感染症などが起こりやすくなってしまうのです。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/313

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  真性包茎の弊害