包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  カントン包茎の症状

カントン包茎の症状

カントン包茎(嵌頓)とは、亀頭が狭い包皮輪のため外側にはまり込んで元に戻らなくなった状態をいいます。カントン包茎が起こると、強い痛みがあり、包皮ではまり込んでいるために血行が悪くなり、水ぶくれのように腫れ上がり、ひどいときには卵大とかソフトボール大にもなってしまうのです。

 痛みのあまり病院にかけこむケースが普通ですが、人によっては放置する場合もあるようで、手遅れになると血行不全で包皮の一部が壊死してしまうこともあります。

 カントンは、成人ではめったに見られず、幼児から小中学生でなりやすくなっています。カントン包茎になった場合、自分で包皮を元に戻すことはほとんど不可能となっており、医師による緊急整復処置が必要です。

 環状切開あるいは包皮に切り込みを入れて、締めつけを緩和します。カントンは、まれに診察などで、包皮をめくったあと元に戻すのを忘れた場合に起こることもあります。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/316

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  カントン包茎の症状