包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  包茎の種類 子供の包茎の注意点

包茎の種類 子供の包茎の注意点

包茎はさまざまな弊害が起こりますが、子供の場合は、そのほとんどが仮性包茎です。思春期に自然に剥けるケースが多いので、小中学生のうちから、剥けていない事について気にしたり、治療・手術を必ずおこなわなければならないということはありません。しかし、亀頭包皮炎を繰り返し起こしたり、または、嵌頓包茎(カントン)の症状を起こしてしまったような場合は、放置するわけにはいきません。こういう場合は子供であるといえども事態は深刻ですので、早急に医師の診断を仰ぎ、改善する事が望ましいでしょう。

子供のうちに、症状を改善しておくほうが、将来よけいな事で悩まなくて良いので、その意味では子供にとって良い選択となると思います。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/318

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  包茎の種類 子供の包茎の注意点