包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  包茎の種類 子供の治療・手術

包茎の種類 子供の治療・手術

子供の包茎において、カントン包茎の症状がでてしまったり、また、亀頭包皮炎を繰り返すようであれば、やはり手術をすることが最も解決の早道になると思われます。

亀頭包皮炎とは、包皮や亀頭部の炎症です。嵌頓包茎とは、包皮口が狭い場合に無理に包皮を反転させたがために、陰茎が絞扼(こうやく)され、亀頭部が浮腫・腫脹してしまった状態です。子供を持つ親にとって、自分の子供包茎ではないかと過剰に悩みを持つ方もいらっしゃるようです。もし、どうしても心配であれば、あれこれと悩むより、信頼のおける医者に相談するのが一番良いでしょう。

子供のうちであれば、本人の羞恥心もまだ無いと思われるので、将来の事を考えれば有効かもしれません。もちろん、放っておけば直る可能性もあるので、判断は難しいでしょう。しかし、6割の男性が包茎である事を考えれば、有効である確立が高いのかもしれません。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/319

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の種類 >  包茎の種類 子供の治療・手術