包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の治療 >  包茎手術 子供のケース

包茎手術 子供のケース

子供包茎手術をする場合、思春期はペニスが発達するときなので避けるのが普通です。遅くとも10歳までには済ませることが理想でしょう。一番よい時期は、3〜5歳といわれています。思春期にさしかかっている場合は、18〜20歳になってから、大人と同じ手術として扱われます。子供は仮性の場合が多いですが、仮性包茎は、一般に手術の適応にはなりません。しかし、包皮がかなり長すぎる場合や、小児で、亀頭包皮炎が繰り返し起こる場合や、排尿困難がある場合には、背面切開環状切除術がすすめられます。子供の手術は全身麻酔により行われるのが普通ですが、小学校高学年以上なら局所麻酔でも手術できます。局所麻酔で行う場合は、入院する必要はありません。日帰りと通院が必要となります。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/320

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の治療 >  包茎手術 子供のケース