包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の弊害 >  包茎の弊害について 病気について

包茎の弊害について 病気について

包茎の状態は、皆さんが自覚している以上に様々なハンデや問題点があると思われます。20代から30代の前半までは免疫力や抵抗力が強く、新陳代謝も比較的よいため、ペニスが剥けていないことに対して特に大きな問題がおこったり何らかの疾患にかかるといった事が少ないようです。

 しかしながら、30代後半から40代、50代へと年齢が進むにしたがい、皮膚疾患などに罹患するケースが多いと言われています。特に、真性であれば病気に罹るという心配だけでなく、その他日常生活においても様々な弊害が発生していると感じている方が多くなっています。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/321

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の弊害 >  包茎の弊害について 病気について