包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の弊害 >  包茎と癌(がん)

包茎と癌(がん)

包茎の実害として、悪臭や子宮ガン等の病気の原因になっているとも言われています。

 皮が被っている状態は亀頭と包皮の間が雑菌の温床となるために、感染症になることがあるのです。これを放っておくと亀頭と包皮の間に雑菌の固まりである恥垢がたまりやすくなります。恥垢が溜まると包皮炎や亀頭炎、尿道炎などをひきおこす原因となり、最悪の場合には陰茎ガンに至るケースもあるようです。

 またセックスによってで女性の膣内に恥垢をこすりつける結果となり、それが原因で子宮膜炎や子宮ガンを起こす原因にもなってしまいます。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://miffu.net/mt/mt-tb.cgi/326

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

包茎110番 正しい包茎の知識と治療Top >  包茎の弊害 >  包茎と癌(がん)